ROやコスプレ造形やネタの日々徒然。


by unai-fsp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

運命なのだよ

それは一ヶ月前の事でした。
日曜の朝、新聞を見るついでになにげなく目を通した広告、そこに書かれていたある文。

「ヨガ教室開催のお知らせ~」

ヨ、ヨガだってー!!
ヨガっつったらあれか、手足が伸びて攻撃できたり、いきなり火吹けたり、テレポートできちゃったりできる素敵スキル。
これさえあれば、貧しい人の為に、変なカメハメ波撃ってくる拳法家とか、スモウレスラーとか、ふとももむき出しチャイナ服の警察官とか、すごい緑の人とか、胸毛ボーンでぐるぐる回転するでかい人とか、待ち軍人とかと戦った挙句、なんかやたらと歯茎見せつけてくる全身赤い服でサイコパゥワーとか操る悪の帝王倒しちゃう事だってできます。
そんな素敵な技の数々を伝授してくれるなんて、なんて素晴らしい教室!これが行かずにおれるでしょうか、いや、おれない。
即座に参加する事を決めました。

定員オーバーが恐かったんですが、教室申し込み無事終了。これもヨガの神のお導きに違いありません。
ありがとうございますヨガの神。私も立派に火吹いて道端格闘できるように頑張ります!

周囲にも、「今度ヨガ始めるんだ~」と報告。すると頂いたコメントが
「へ~、セレブじゃん!」

なんだかよくわかりませんが、ヨガとはセレブな事らしいです。
セレブな伸びる大パンチ。セレブなヨガフレイム。セレブなヨガテレポート。
うっわすっげヨガすっげ!そりゃーハリウッドで映画化だってされるわ、うん。
一人盛り上がっていると、さらにコメントが。
「ヨガ始めようとするなんて、体柔らかいんだねー」

いや、自慢じゃないが激硬です。前屈なんて腰に鉄板仕込んでんじゃないかってくらい曲がりません。伸ばした手の先から足の爪先までの距離が、だいたい50光年くらい離れてます。
そうか、ヨガやるには体が柔らかくないと不利なのか。

でも大丈夫なのです。心配する必要などないのです。
何故ならば、私はインド人と呼ばれた女!

あれはもう何ヶ月前の事か。ある朝爽やかな笑顔で同僚からこう言われました。
「○○さん(私本名)ってインド人っぽいよね☆」
・・・・・・ちょっおまっインド人ってオイ!
これが悪意のある言葉ならまだいいのです。しかし、この人全くもって悪意がないのです。思ったとおりに自分の考えを口にしただけなのです。
前に「あなたタイの人?」と、ベトナムの人に言われたり、私と割と顔が似てる妹が「フィリピン人ぽいねー」とこちらは本国フィリピンの人に言われたりして、よりによって顔の区別が容易であろう東南アジアの人たちに認定されてしまうとは、余程顔つきが南の国の人っぽいんだなあとは認識していましたが、まさかインドまで行くとは。

その時はその言葉を素直に受け止められず、その同僚を徹底的に問い詰め「髪の毛が黒いからインド人っぽい」という結論を無理やり出させて自分を納得させ、次の日美容院に駆け込み
「日本人に見られるようにして下さい!」
と、本気で美容師さんに頼み込み込んだりしたのも良い思い出。今こそそのインド人(っぽい)力を発揮する時!

そして嬉しはずかしヨガ教室当日。仕事の後慌てて支度して教室会場に到着すると、そこにはSTR150くらいありそうな、やたらと引き締まった筋肉をお持ちの先生がお出迎えしてくれました。うむ、流石悪の帝王を倒せる技術。
私が選択したのは『アシュタンガヨガ』というコース。なにそれ?阿修鍛餓???と思ってたんですが、やってみるとどうやら決まったタイミングで呼吸をして、心を落ち着けていくものらしいです。

室内は明かりが落とされ、静かにヒーリング音楽が流れています。
静かに手を合わせ、息を吸い込みながら腕をそのまま上げ、吐いて下げる。
ナルホド、こういう雰囲気で精神を高め、己の力とするのだなと納得。段々体全体の動きに入っていきます。
前屈や、腕立てに似た動作を、先生の言うタイミングにあわせて呼吸しながらこなしていきます。
深々、ゆっくりと息を吐きだし、また吸い込む。心なしか平安な気分です。うん、これならやっていける。

そして、10分後。

なんか、ものっそくスピードが上がってきたんですが!あとそろそろ運動不足気味の体が悲鳴を上げ始めてます!
もう呼吸のタイミングなんざしったこっちゃありません。体中が酸素を寄越せと叫んでいます。

先生「はい、心落ち着けてー」
無 理 で す 。

体中の毛穴から汗が噴き出しているのがわかります。
虚ろな目になりながら考えるのは、
「あと40分で終わる・・・あと35分で終わる・・・」
と、苦行から開放されるまでのカウントダウンのみ。

そんな状態で動作を続けていると、ふと人が近付く気配が。
先生「ここはもっと背筋伸ばしてー」
唐突に腰グッっと引かれて、伸ばされる背骨。
あっっがっいっっっってええええええー!!!声にならない心の叫びが炸裂します。
そんで先生そのまま姿勢キープ。
イタタタタタホイウェwxrdcftvgybふじこー!!
運動によるものとはまた違う、嫌な感じの汗がさらに噴き出し、虚ろだった目はますます濁り、別の場所に到達してしまいそうです。
嗚呼ヨガってなんだろう世界ってなんだろう生きるってなんだろうもうどうでもいいですどうでもああもうやめてやめてやめて好きにしてああああああーーーー

そして、ヨガ教室が終わりました。もう燃え尽きて真っ白になってる自分がいます。
あ・・・悪の帝王を倒すまでの道は長い・・・・・・

7/25時点で、ヨガ教室残り5回。果たして、私はヨガを身に付けることが出来るでしょうか。
[PR]
by unai-fsp | 2005-07-26 00:17 | ネタ文