ROやコスプレ造形やネタの日々徒然。


by unai-fsp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春目前

今日は午後用事があったので、仕事を早退して帰ってきました。
職場から駐車場までは結構距離があるので、真昼間の人の居ない田舎道を、一人でざくざく歩きます。
風が随分とぬるくなっていて、コートとマフラーがやけに重たく感じました。
まだ枯れた草の多い景色の中で、早咲きの菜の花の黄色がやけに鮮やかに見え、ホトケノザの群生が、水の無い田んぼの中に紫色の絨毯を作っています。
ずっと寒い寒いと思っていたのに、いつの間にか春なんだなーと思いました。

春は好きです。いや、春だけじゃなく春夏秋冬どの季節でも好きですが、春はただひたすら、その力強さに圧倒されます。
冬の間ずっと眠っていたものが目を覚まして、ゆっくりと、しかしとても早急に色あせた風景が彩られていくのを見るにつけ、人の力ではとても及ばない、ものすごいエネルギーが巡っているのを感じます。
春が毎年来る度に、その勢いに全身を飲み込まれるように感じ、ああ、やっぱり春が来たんだなと思って、なんだか安心します。

家に帰ってきて、部屋の締め切っていた窓を全部開け放ちました。
ふと見ると、居候の蜂のトビーがカーテンの隅っこにしがみついていました。
大丈夫だよ、もう、外の世界で生きていけるよ。春なんだよ。
カーテンごと窓の外に出してやると、しばらく触覚を震わせた後、まっすぐ空に向かって飛び去っていきました。
元気でな。もう、戻ってこないようにな。
どんな厳しい冬でも、春は絶対に来るし、こんな小さい虫でも、冬を乗り越えられる。
あー、なんか、大丈夫だ、と思いました。なんか色々あっても大丈夫。きっとあらゆる事はそんなに弱くないですよ、思った以上に強いですよ、自分も含めて。

で、そんなよくわかったようなわからんような感慨を持ってこれ書いていたんですが、ですが!
なんか部屋の中ぶんぶん飛んでるなーと思ったら、トビー貴様何故まだここにいる!?
お前昼間出てったじゃないかー!ひょっとして二匹いたのか?あ、あれは影武者か?
返せ、私の感傷をかえせぇー!つかお前なに元気に飛び回ってんだ、あの弱ってたように見えたのは演技だったのか?!
しかし叫んでみてもやはり蜂。聞く様子もなく壁にとまって体の手入れに勤しむばかりで、少しやるせない春目前の夜。
[PR]
by unai-fsp | 2006-02-23 21:23 | その他

居候

私の部屋には現在居候が居ます。
d0013065_18495449.jpg

コイツ。
どうやらアシナガバチ。
私の部屋で越冬しようと企んでやってきたらしく、もう何日も部屋の壁にへばりついて出て行こうとしません。
最初はなんとかして部屋から出そうとしていたのですが、殺すのも気分が悪いし、別に悪さもせずじっとしているので、とりあえずそのままにしておいています。
何日か一緒の部屋で暮らしていると情が湧くもので、とりあえずトビーと名付けてみました。
名付けてみたら更に愛着が湧き、部屋から一歩も出ない引きこもりで、飲まず食わずなのもちょっと可哀想じゃないかと思って、綿棒で水を与えてみたらかぶりつきで離そうとしません。
そうかよっぽど喉が渇いていたのか、よしよし。
ご飯はたんぱく質与えりゃいいのか?と思い卵の白身をあげてみましたが、迷惑そうに無視されました。虫に無視された。好き嫌いすんなよ。
その後、水用綿棒かぶりつき過ぎて落っことして「ドウシヨウ ドウシヨウ」って感じで慌ててるのを見たときは心のどこかがちょっとキュンとなりました。
な、なによ、そんなかわいいしぐさ見せたって無駄なんだからね!その手には乗らないんだから!とツンデレ風味に突っ込んでみましたが当然何の反応もなく、新しい綿棒を渡してあげたら嬉しそうにかぶりついていました。また虫に無視された。

春になって暖かくなったら出ていけばいいから、それまでは人間に手は出さないでくれとお願いしてみてますが、聞いてんのか聞いてないのか多分絶対聞いてない。
まあ、刺されたら刺されたで別にいいか、とも思います。人間にとっての良いとか悪いとか、そんなもん自然の生き物とっちゃどうでもいい事であって、文句をいう筋合いじゃありません。
ただ、家族が刺されたら洒落にならんので、とりあえず捕獲しようとしたら逃げられました。まあこの部屋で私以外に刺されるような人間はいないからいいか。
もしも新聞の片隅に、何故か室内で蜂に刺されて死んだ奴の記事が載ってたら恐らく私ですので、指差して笑ってやってください。
[PR]
by unai-fsp | 2006-02-20 18:49 | ネタ文

家族の掟

世間様では今日バレンタインデーのようですが、我が家では一足先に13日の昨日、バレンタインイベントが執り行われました。
イベントといっても、家族の中で唯一の男性である父にチョコレートを渡すというだけなのですが、このプレゼントするチョコレート、各々美味しそうなものを選び抜き、絶対に気合の入ったものが渡されます。義理チョコは勿論のこと、下手したら本命とかそんなのより気合がこめられています。
別に私達姉妹がファザコンというわけでも、母が旦那ラブラブというわけでもありません。普通の家庭です。しかし気合チョコを父者にプレゼント、は絶対です。

チョコレートは、まず、当然父にプレゼントされます。そして一旦父の手に渡るやいなや、すぐ取り返され開封されます。そして一通り渡したチョコレートが出揃った所で、その場で家族内チョコ試食会が開催されます。そして繰り広げられるチョコの奪い合いにより、結局90%以上は父の口にではなく、私達女性陣の口に運ばれる事になります。

キャッチ & リリース ではなく
リリース & キャッチ。

それはまるで大自然の掟に似て、何人たりとも犯すことの出来ない、絶対的なものとして存在する家族の掟。
普段父が疎まれているという事はなく、むしろ、ご飯をよそうのは真っ先に父の茶碗、更に父がくるまで食事に手をつけてはならない、などの家族ルールがあり、一家の長として立て、敬うべしなスタイルが基本です。
しかし、バレンタインデーだけは別物なのです。この日ばかりは父者のチョコは皆のものであり、家族共有の財産としてみなされ、父が所有権を主張する事は許されないのです。家族があげたチョコレートばかりでなく、よそから貰ってきた義理チョコも決して例外ではなく、開封され食べ尽くされます。
父のチョコは私達のもの、私達のチョコは私たちのもの、そんなオーラをまといつつ目をぎらつかせてチョコレートを奪い合う女性陣と、少し寂しさが漂う父の背中。それが、毎年恒例の我が家のバレンタインデーの風景であるのです。

ところで、日本でのバレンタインデーを企画した人に、一言物申したいものがあります。
何故、何故にチョコを渡す相手が♀→♂だと限定してしまったのですか!それだとチョコがもらえないではないですか!大体、チョコレートが好きな女性の割合は、男性よりも多いのではないのですか!?
ホワイトデーがあるとはいっても、あんなんクッキーなのかキャンディーなのかマシュマロなのか何渡すのかさえ曖昧で、とりあえずお菓子渡しとけばいいんちゃう?なイベント納得できません。しかも誰が言い出したのか「ホワイトデーは3倍返しが基本☆」とかあまつさえお菓子以外の物を要求する始末。
アフォか!アクセサリーとかブランドもんだとかそんなもんどうでもいいですよ、チョコが欲しいのですよチョコが!
心の中はもう、同情するならチョコをくれ!船はいらんチョコをよこせ、であり、ギブミー!ギブミーチョコレート!我にチョコを与え給え!そんな気持ちで溢れかえらんばかりです。
バレンタインデーがもし、♂→♀にチョコレートを渡イベントであったのなら・・・・・・せめて、欧米のように男女関係なく渡すイベントだったのなら・・・・・・切ない気持ちはつきません。
でも、もしもそうなったら当然チョコをくれる人が居なければ話になりません。誰からもチョコをもらえなかったよグスンな自分が容易に想像できてしまった私としては、ああ、やっぱり自分でチョコレートを購入できる今のほうがいいかもしらんなーと、昨日残ったチョコを味わいつつ思ったりするのでした。
d0013065_20133288.jpg



追記
とか書いてたらROで頂きました。
Valentine
なんか、わざわざ時間割いて作ってくれたのが嬉しいじゃないかバーヤバーヤヽ(`Д´)ノ
ありがとう。なくなるから食べてなんかやるもんかー
[PR]
by unai-fsp | 2006-02-14 20:13 | ネタ文

久しぶりだから余計に

もっと正直に言葉を伝える事も必要かなと思いました。
[PR]
by unai-fsp | 2006-02-12 02:05 | RO

ほんとに叫んだ

他の人から見たらとても下らない事かもしれないけども、私にとっては嬉しくて嬉しくて自分の中がいっぱいになって、とてもじゃないけど押さえ切れそうにないんでここに吐き出します。

この間、文章を書いて送ると企業が買い取ってくれるサイト見つけて、ダメモトで一文書いてみたんですよ。
でも、しばらくしても全然売れる気配がなかったから、「あーやっぱだめかー」とか思って、放置してたんですよ。
そしたら今日そこからメール来てて、みたら「投稿した記事が購入されましたので」ってなんかあんたもう本当ですかそれオイマジデマジデマジデ?!!!!っしゃああああああーーーーー!!!!
叫んだ。もう本気で叫びましたよ。ここが田舎じゃなかったら通報されてもおかしくないくらい叫びましたよ。ぎゃーですよふじこですよふじこ

300円なんだけどね、売れた金額!自分で値段決めるんですが、小心者らしく一番低価格設定ですよ。
でもお金云々じゃなく、嬉しい。自分が書いたものが売れたという事が、ものすごく嬉しい。ここ三ヶ月間で一番嬉しい。
今まで文章書いて賞をもらうという事なんかはあったけども、「文を購入」してもらうという経験は初めてで、だからこんなにも嬉しいのかもしれません。

今の私は大変に機嫌がいいので、唐突に手袋投げつけられて決闘を申し込まれても、笑顔で手袋をキャッチして丁寧に埃を払ってそっと手に包んでやさしく返してしまいそうなので、決闘は申し込まないで下さい。

これから、ほんとは会社に持ってく用に買ってきたチョコを開けてしまって、一人祝いです。地味だけどな!
そしてオチもみつからないけどな!書き逃げだけどな!
[PR]
by unai-fsp | 2006-02-07 19:56 | その他