人気ブログランキング |

ROやコスプレ造形やネタの日々徒然。


by unai-fsp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

妖精耳をリアルで製作日記

今日の日記はタイトルそのまんまです。
正確には、「妖精耳をリアルで出来るだけ金かけずに且つ不器用星から来た不器用星人がなんとか形にできるように作った日記」です。

いや、作ってどうすんの?って思われる方もいるかもしれませんが、世の中には色々な趣味の人間がいるものだとご了承下さい。
世の中は広いです。恐ろしく広いです。ほら、窓を開けて空を眺めてみましょう。星や月、太陽が見えますか?近くにあるように見えても、月までは38万km、太陽は一億5000km、星に至っては、例えば北極星では400光年という距離があります。えらいことです。もし空中を歩けたとしても、ちょっと月まで行こうかなどと思ったら、フルマラソン9047回こなす覚悟が必要なのです。太陽では3571428回です。もう小学校時代の冬のマラソン大会の苦しさの比じゃございません。お腹イターイなんて言ってる余裕すらありません。涙目です。北極星なんて400光年です。光が頑張っても400年かかってしまうのです。北極星から光でネット回線つないでも、Webページ見るのに400年。もうエロいHP見るぜヒャッホーなんて言っても、画像が表示されるまで400年待ち続けなければいけないのです。もし「ドキドキ☆巨乳人妻画像」をクリックしたと思ったのに、間違って「熱い!兄貴達の宴画像」なんてのを押しちゃってて間違いに気付いて('A`)ヴァーってなっても、再度押し直して巨乳人妻画像を見られるのはまた400年後なのです。

ほら、どんなに世界が広いかお分かりいただけましたね?細かい事は気にするだけ無駄なのです。そういや光回線=光速って事なのかよくわかりませんがやっぱり細かい事なので気にしないで下さい。すごく頭の悪い事を書いた気もしますが、私も気にしません。

で、本題に戻って耳作るときに用意したのはこちら。

・軽量紙粘土
・耳掛け式ヘッドフォン
・紙やすり
・肌色の着色スプレー

上記4点、全て100円均一ショップで揃える事が出来ました。
偉大です100均。ロードナイト作ったときも、ベルト部分に使う犬用の首輪を十数点ここで買いました。会社帰りの制服でかご一杯に首輪を入れた女を見て、レジのおばちゃんは何と思ったのでしょう。しかし、おばちゃん笑顔で対応してくれました。そういう意味でも偉大です100均。
ヘッドフォンは、それぞれ片耳に引っ掛けるタイプで、片方ずつしか売ってなかったので2点購入。
粘土は、もっと目の細かい樹脂粘土を使った方が綺麗に仕上がると思いますが、耳作ったこの時は「とにかく安く!安く!」という決意を目の奥に燃やしつつ生きていた時期なので、この選択となりました。

まず耳部分の成形です。
最初に、紙で型紙を作りました。耳に当ててはみ出さないように、好みの形にジョキジョキ。
次に紙粘土を、クッキーを作るときのように伸ばして、さっきの型紙をのせ、カッターで切り抜き。
型紙は一旦剥がして裏表逆にして、もう片方の耳も切り抜き。後は耳らしく見えるようにカッターや手で凹凸をつけていきました。
d0013065_21374891.jpg

耳たぶ部分に穴が空いているのは、後からピアスをつけれるようにしたため。

上記の、型紙であらかじめ形を整えてから成形するやり方は、いきなり成形よりもかなりやりやすいです。耳だけでなく、ちょっとした小道具を作るときにも活用しています。

水をつけた指で出来るだけ表面を滑らかにして、乾燥。3日くらいで完全に乾いたので、紙やすりで再び表面を滑らかに。
十分凹凸がなくなったら、スプレーで着色。乾かしたら、耳本体は完成です。

んで、耳を頭に装着するのに使ったのが、ヘッドフォンの耳掛け部分です。耳穴に当たる機械部分は要らないので、取り外してしまいました。
ハサミか何かで少し力を入れたら、簡単にパキっと分解。フック部分だけを取り外しました。よくよく考えたら、十分針金で代用できそうな気がしましたが、やはり細かい事は気にするだけ無駄なので考えない事にしました。

後は、実際に妖精耳を耳に当てて、よさげな位置にかかるように調整してテープで固定。
これで完成です。
d0013065_21593047.jpg

左が固定前、右が分解して固定したもの。金色のワッカはピアスです。

あとはもう、実際に付けてウヒヒしてみるなりニヤリとしてみるなりなんなりと。
片耳ずつ装着できるので、音が聞こえ辛い時に片方だけ外すという事もできて意外と便利でした。

気になったのは、普通のスプレーを使ったので、テカリが目立ちます。肌の質感に近づけたかったら、つや消しスプレーや、はじめから艶の出ない着色料を使った方が良いと思います。

以上、素人が無い頭使って作ったものですので、あまり役には立ちそうにない製作日記でした。
しかし、少しでも参考にして頂けたら、おばちゃんもう幸せですヽ(´ー`)ノ
by unai-fsp | 2005-05-18 22:11 | 製作:頭装備・武器