人気ブログランキング |

ROやコスプレ造形やネタの日々徒然。


by unai-fsp
カレンダー

2005年 04月 13日 ( 1 )

花見、その1

今日の日記は画像多めです、重かったらすいません。

3日前の話になるんですが、友人と集まって花見行ってきました。
一度集合して、友人の車でレッツゴー

d0013065_23264498.jpg

ウウうううぅぅうぅみぃいいいいいいぃいい!!!

重ねて言いますが、お花見に来ました。
しかし海です。とりあえずは海なのです。ちなみに桜は一本も生えてません。
浜辺をぶらぶらしたり、灯台見たり、何かに取り付かれたように貝ばかり置いている土産物屋を冷やかしたりしていると、素敵なものを発見しました。
d0013065_23324857.jpg

海亀inトイレ。

何故海亀。
製作者の意図を推測してみるに、海亀といったら産卵です。

ある月の美しい夜…星を映しこんだような海から、一匹の海亀が浜辺に向かって泳いでいきます。
海亀はやがて浜にたどり着くと、ある一点を目指し、進み始めます。海の中とは違い、砂はその重い体をそう易々と進ませてはくれません。それでも、海亀は自らを引きずるようにして、前に進もうとします。ある一つの目的を果たす為だけに。
ようやく、目的の場所に着きました。今度は、自分の下に広がるその柔らかく湿った砂を、力強く掘り進めます。最初はゆっくりと、そして、何かに急かされるように、少しずつスピードを上げて。十分な深さをもって、穴が完成しました。海亀は、とめどなく涙を流しながら、目的を果たそうとします。
やがて、真っ白な球体が、海亀の体内から排出されます。卵です。ひとつ、またひとつ。
何十個もの卵は、静かに穴の中に落ちて行き、やがて来る孵化の日を、ただじっと待ち続けます。母である海亀は、涙を流しながら、一体何を思っているのでしょうか。
生み終わった卵に、優しく砂の毛布をかけて、母は、再び海に帰ります。また、その重い体を引きずるようにして。

そんな海亀の姿を想像しつつ、トイレでガンバレ☆って事でしょうか。トイレ利用者は、海亀の産卵に、踏ん張る自分の状態を重ねつつ頑張れるというわけです。非常に感動的です。
きっとこのトイレから出てくる人は、皆涙を流しているに違いありません。単に排泄するだけに留まらず、利用者の心さえも動かしてしまうとは、設計者、恐るべき才能です。ここに来た人は一度は利用すべきでしょう。

あ、ちなみに私は利用しませんでした。普通のトイレで十分満足ですので。

ここまで書いて、そろそろ眠くなってきたので、続きはまた明日。
あー、もう日記じゃない様な気がしてきましたが、気にしない。
by unai-fsp | 2005-04-13 00:28 | ネタ文