人気ブログランキング |

ROやコスプレ造形やネタの日々徒然。


by unai-fsp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:製作:頭装備・武器( 17 )

RO頭装備(コロネット)

夏コミではグラドリエルのかわりに、前回作った剣士やることにします。
そのままやるんだと何か悔しいので、頭装備にコロネット作る事にしました。
d0013065_31228.jpg

by unai-fsp | 2006-08-09 03:01 | 製作:頭装備・武器

ぐだりぐだり

今日は出かけたついでに色々と買い物をしてきました。
主にミスティックローズ作る材料です。

バラ本体は以前にやったやり方でやるとして(ダイヤから作られたバラだから、あれであながち間違った作りじゃないことに気付いた)、ドットの赤い部分はアレとコレで作ってーとか、花びらの部分にはラインストーンはっつけて露みたいにしてーとか色々妄想してたわけですよ。

そんで帰ってきて、のそのそ作り始めたんですが、なんかいまいちテンションが上がらない。
頭の中だとばっちりなのに、実際に3次元にしてみると、なんかこう、あれー……なんか違う……

そんで出来上がったわけですが
d0013065_2352524.jpg

考えてたのとディティールは特に違うわけじゃないのに、やっぱり何か違う。
一回作り上げたあと、もう一回作り直しまでしたのにな。
なんだろな。これは想像力が足りないのか、技術が足りないのか、材料が足らないのか、経験が足らないのか。
あぁー……んー……なんかこう、完成した瞬間のヽ(゚∀゚ )ノ ヤッホーイ!!がなくて、すごい悶々とする。
まあ失敗も経験のうちだと思って、また次に良い物作ろう、うん。
あーでもなーやっぱなー……なんだろうなー……

もうグダグダなので、寝る。
by unai-fsp | 2006-06-10 23:14 | 製作:頭装備・武器
唐突にROの話題ですが、さーて明日はいよいよリヒタルゼンパッチですね?
ホムンクルスとか新ダンジョンとか色々来るわけですが、ヲトメとして忘れちゃならないものに新髪型、そして新頭装備があります。
新しい髪型は、ハイウィズの髪型にしたくて半年くらい前からハァハァしてたので、ちまちま髪の毛売ってもらったり引き抜いてきたりして準備万端です。
頭装備はなんとなくこれだ!とくるものがなくてこのままスルーかなーと思ってたんですが、この間リヒタルゼン情報のページを眺めてたら急に!ほんとに急に!ミスティックローズあれ、これかわいい?かわいくない?なんだすげーかわいいー!!となったんで急遽作る事に決定。
材料のダイヤを売ってもらったり、とりに行ったりしてるうちに、ROだけじゃなくてリアルでも作ってみてえ・・・・・・というオタ魂がむくむくと湧いてきたので、突発で作ってみました。
え?うなぎパイ?聞こえない聞こえなーい。ミスティックローズ作りたいと思っちゃったんだもの!作りたい時が楽しい時なんですもの!わかってこの乙女心。

私の中でのミスティックローズのイメージは、氷でできた薔薇。となると当然透き通ったもので作らなきゃならないわけで、わざわざ透明樹脂使うほどでもないし(そもそも扱った経験がない)、かといってプラ板はイメージと違う。
しばらく考えて、ホットボンドの透明タイプで花びらを作る事にしました。
d0013065_2123222.jpg

コレ。ダイソー百円也。

まず、平らな所にくっつかないようにクッキングシートを敷いて、円形ににむりゅむりゅ出します。
d0013065_21255935.jpg

適当な大きさになったら、冷めないうちに上にクッキングシートをかぶせ、平らなものを乗せて平べったくします。
d0013065_21274823.jpg

私はCDケースで平べったくしましたが、平らになるモンならなんでもお好きなものでよろしいかと存じます。
このひらべったい丸が花びらになります。

これを何枚か作ったら、薔薇の形にしていきます。
内側にボンドをくっつけて、最初はきつめにまるめます、これが芯になります。
d0013065_21325648.jpg

あとはバランスをみながらどんどん花びらを外側にくっつけていきます。
d0013065_21332587.jpg

青い線で囲んだ部分にボンドを乗せてくっつけています。
外に行くほど大き目の花びらにするとバランス的に良さげでした。
これをくりかえしていくと
d0013065_21351070.jpg

ハイ、完成ー。
簡単そうに見えますが実際ものすごい簡単です。作るのに一時間かかってません。
くっつかないようにクッキングシートをつかったので、ちょっと表面がざらついて白っぽくなっちゃったのが残念。また別の素材で試してみようと思います。
ちなみにアルミホイルはくっついちゃってダメでした。
あと
d0013065_21405535.jpg

CDのケースにそのままもしっかりくっついてしまったので、良い子は気をつけようね!
バカーバカー私のバカーヽ(`Д´)ノ

青いライトの上に乗せたらちょっと良さげな感じに
d0013065_21443551.jpg

これでランプシェード作っても可愛いのが作れそうだと思いましたが、熱で溶けちゃうから中の光源を選ばなきゃいけないのが残念。

ところでこの日記書くのに改めてミスティックローズの説明を読んでみました。
『純白のバラが装備者の美貌を一層引き立って見えるようにしてくれる。』

『純白のバラ』


『純 白 のバラ』



『純    白』

うおおおーい、ミスティックローズって氷のバラじゃないのですかー?!
そういえば名前も氷とは全くかすってない・・・・・・
なんで私はこんな勘違いを?!
ああ、ミスティックフローズン(水結晶)→ミスティックローズ、でミスティック=氷の何とかだと思っちゃったんだな・・・・・・
あと材料もダイヤとか含まれてるから、ガラスっぽいのを想像しちゃったんだな・・・・・・
作ったのに、折角作ったのに・・・・・・・
アーフォーだーーーーーー。・゚・(ノд`)・゚・。
そんで作り終わってから気付いた。どうしよう、この薔薇。
とりあえず飾っておこう、ヲトメっぽくね!




最後に超私信
他人事なのに、ニヤニヤと笑いがこぼれてきちゃって仕事中不審人物でしたよ全くどう責任取ってくれやがるんですかコンチクショウ。
アフォほど幸せになりやがるといいですよ。
おめでとう。良かったね本当に。
by unai-fsp | 2006-03-13 22:02 | 製作:頭装備・武器

大きな金の鈴を作った

12月25日世間的にはクリスマスである昨日、名古屋までのこのことイベント行ってまいりました。
今年は冬のオタの祭典には出ませんので、これが今年最後のイベント参加です。
二箇所イベントはしごして焼肉食べて帰ってきたんですが、イベント中も焼肉中も綺麗なお姉さん方(でも私より若い)と一緒で常時非常にドキドキでございました。
世の男性諸君は「ムキーッ!!」とハンカチ噛んで力入れすぎて破けるほどにくやしがりやがってくださいませオホホホホ。
そして遊んでいただいた方々、どうもありがとうございました、とても楽しかったです。

今回参加する際に、頭装備の大きな金の鈴を作りました。
普通に本物の鈴を使って作る方法もあったのですが、サイズの大きな鈴は値段が高く、もともと家にあった直径10cmサイズの鈴の値段を聞いてみたら、一個2千円のとのこと。
4個使わなきゃいけないから、¥2000×4で8千円。
年末に入りますます寂しく切なそうになった私の財布からは、何回使うかもわからない頭装備にかけるそんな余裕なんてなく、そもそもそんな金あったらたらこキューピーちゃんの小さいタイプ8個買うよ!なので100均の商品でなんとかならんもんかと自作してみました。

クリスマス商品で、直径10cmの飾り玉があったので、これを元に作りました。二個入りだったので二点購入。それと鈴に付いているでっぱりをつけるため、電気コードも買ってみました。
d0013065_21275257.jpg


塗料がちゃんとのる様に紙やすりでガリガリガリガリ。削ったあとの粉が大量に出てきたので、一回軽く水洗いしました。
表面がほどよくざらざらになったら、電気コードをだいたい玉の円周の長さに切り、端をホットボンドでとめてわっかをつくりました。
このわっかを玉に通して、またホットボンドで玉とわっかの隙間を接着&埋め込んでいきます。
d0013065_21522176.jpg

隙間を埋めるのに、ホットボンドだとなかなかはみ出したりしても修正がきき辛く、着色した時に凸凹が目立つはめになってしまったので、粘土かパテの方がよかったのかもしれません。
一番の原因は細かい処理すんの('A`)マンドクセだった自分ですが。

さぎょうは いつも ていねいに。
おねえさんとのやくそくだよ!

でっぱりがつけれたら、サーフェイサーと黒のスプレーを吹いて下塗り。
鈴の穴の部分に色が付かないようにマスキングしました。
d0013065_21524618.jpg

本物の鈴のように穴を開けようと最初は考えていたんですが、意外と玉のプラスチック部分が厚く、綺麗なラインで穴をくり抜ける自信がなかったので、この方法に。
このときちゃんとマスキングテープを使わず、布ガムテープで適当にやったら色がにじんでしまって、泣く泣くマジックではみ出た所を修正する事になったので、次にやる時はきっちりマスキングしようと思います。

あとは金に着色するだけですが、ドライブラシで古い感じにしようとやってみたら単に汚くなってしまったので普通にスプレーで着色。
d0013065_23115934.jpg

左がドライブラシで、右が父者のプラモデル着色用品の引き出しから発見した、パウダー状の着色剤を試しに塗ってみたもの。
説明書を読むと、綿に出して塗り、トップコートで落ち着かせるとか。使ってみたら結構綺麗に色が出ました。
今回は色ムラが気になったので使用するのはやめましたが、小さめの小道具だったらいい感じに仕上がるのかな?と思いました。今度はどう使うのかちゃんと調べてみよう。

金色のスプレーを吹く際に、どうにもこうにも粒子がだらだらと流れてしまってまだらの汚いムラになってしまい、どうにかしてくれよヽ(`Д´)ノな状態に陥っていたら、キオさんから40cm程離して、薄く塗って乾かすのを繰り返せ、とアドバイスを頂きました。
やってみたら色むらがずっとマシに。ありがたやありがたや。
スプレーする時の基本だそうで、今までスプレーでムラになっていたのは、何度も塗るの('A`)マンドクセな私がいけなかったのか!!と目から鱗が30枚ほど落ちました。

やっぱり
さぎょうは いつも ていねいに。
ターキーレンジャーとのやくそくだよ!

d0013065_22163812.jpg

物置で洗濯物干し使ってこんな感じで乾かしてました。
金色になると大分鈴らしいです。

完全に乾いたら、マスキングの部分を外して鈴は完成。
「大きな金の鈴」だと、横に棒がニョキっと生えていて布がかかってるんですが、ヘアバンドに棒を取り付けたところまで作って('A`)マンドクセが降臨したので、今回はアレンジで作ってしまうことに。
造花とリボン類を買ってきて、鈴を取り付けたヘアバンドに飾りつけ。
ここで、ずっとバフォ鎌とか悪魔HBとか殺伐とした装備しか作ってなかった鬱憤から、思いっきり乙女パゥワーが沸き起こり、
d0013065_22302756.jpg

こんな派手な物体になってしまいました。
乙女というよりも、おばちゃんパゥワーだったのかもしれません。
なんというか、クリスマス通り越して正月。やけにおめでたい装備です。いつもより多く回しておりますとか言い始めても違和感ありません。

『大きな おばちゃんの 鈴』
おばちゃんの、派手ならより派手なほうが良いという思いがこめられた大きな鈴。正月に似合いそうだ。
LUK+3,INT-5

わー私頭わるそーうヽ(゚∀゚ )ノ ヒャホーイとか思いつつ一日これつけてたんですが、モンクさんにつけてもらったらとてもかわいかったので、単に私がつけたから頭悪そうだったのかー、そっかーと納得しました。
帰宅途中で、あなたはアフォだ。焼肉食べてた数時間で貴方がアフォだという事は初対面の皆さん全員がわかったと思うよ、というようなことをズッパリと容赦なく言われました。
聞こえないフリをしてみましたが、普段から薄々どころかばっちり自分がアフォだと気付いており、もしかしたら万に一つの確立でそうではないかもしれないという儚い希望まで打ち砕かれ、やっぱり頭悪そうなのは自分のせいだったという認識を強めました。


帰ってきて、たらこキューピーにつけてみる。
d0013065_237297.jpg

なんなんだ!この世界のみならず宇宙まで魅了してしまいそうな愛らしさは!

そうか、こういう事を言っているからアフォなのだな、うん。
by unai-fsp | 2005-12-26 23:15 | 製作:頭装備・武器
昨日、完成したバフォ鎌ひっさげてイベント行って参りました。
イベント?なにそれ?って方は、とにかくそういう怪しげな集会が開かれるんだと思ってて下さい。そして敢えて踏み込むな、近づけばやられる、と認識してれば、恐らく双方の平和が保たれると思われますので、できれば触れないでやって下さい。つーかさわんじゃね。

イベントが開かれたのは東京だったので、電車と新幹線に揺られてお出かけです。あの無駄にでかい鎌、勿論分解しましたがそれでも大荷物なのは変わりないので、大変奇異の目でみられました。不審人物丸出しだったと思います。
オサレして!メイクがっつりして!髪もきちんとセットして!なのに両手に謎のでかい荷物の不審人物。全身から台無し感漂います。もう最近色々な事(exたまたま電車にアラブの石油王が乗り合わせていて私を見初めて求婚する、たまたま駅で来日したジョニーデップが電車を待っていて私に一目惚れし告白する、たまたま道をビルゲイツが略)を諦めてしまったので、(本人ちゃんと自分が大変な阿呆であることはわかってますので突っ込まないで下さい)別に人前では常にきっちりベストの状態でいなければならないなんて思いませんが、流石に目の前のおばちゃんから物珍しげに凝視されるのは勘弁して頂きたかったです。

今回、久しぶりにソロ参加で寂しくて兎のように死んでしまうんじゃないかと思いましたが、もともと図太いソロスキー体質だったので、のらりくらりとクラゲの様に漂流しつつイベント楽しんでました。漂流クラゲに対してお相手下さった方々、本当にありがとうございました。

イベント中、何回か鎌が何で出来ているのかと質問されました。この鎌、実はお風呂マットで出来ています。ホームセンターで一枚398円。念の為二枚買いましたが、結局一枚しか使いませんでした。
そして柄の部分はつっぱり棒です。最初、塩ビパイプで作るのが良さげですよ、とアドバイスを頂き、塩ビパイプを探してホームセンターウロウロしていたら見つけました。伸び縮みするし、素材も塩ビなので丁度良いわーと思い購入、980円也。後でダイソー行ったら500円商品で同じような商品を取り扱っていたので、そっちの方買っとけばよかったと後悔。しかし約1400円バフォ鎌と言うとありがたみもへったくれもありませんね。
鎌刃の部分は板状にするのではなく、ある程度厚みを持たせて刃の部分は段々薄くなる形状にしたかったので、お風呂マットは縦半分に切って貼り合わせ、刃になる部分を薄くカッターで削ぎ落としました。
それを鎌の形に切り抜き、そのまま着色してしまうとマットの滑り止め加工のぶつぶつそのまんまな上、塗装が禿げてきてイルカさんの模様が丸見えになってしまう為、不織布(これもダイソー、ラッピング用品だった)を木工用ボンドで上から貼り付け。この時ちゃんとボンドを塗らなかったので、片面がぼこぼこ浮いてきてしまい、着色しても紙っぽく見えそうだったので更に上から木工用ボンドを塗り塗りして必死に紙っぽい質感を消しました。多分ニスでも同じ効果になったと思います。
バフォ鎌作る際にイメージとして、魔族の王が持ってるくらいの武器なんだから、『できるだけ禍々しく』を目標に作りました。ので、ホットボンドでわけのわからない模様を塗り塗り。柄にも塗り塗り。鎌にホットボンドで模様(?)つけるって、某有名造形サイトさんの影響受けてるのが丸わかりですね。
ところで、ホットボンド使う作業が楽しくて楽しくて仕方ないんですが私だけでしょうか?気が付くと二時間でも三時間でもボンド塗ってます。延々と絞り出されるボンド・・・・・・もうたまりません。いつの間にか指がくっついてたりする瞬間接着剤や換気必須なGボンドに比べて、熱いと柔い!冷えればくっつく!なわかりやすさも私の心を掴んで離さない要因だと思います。最低でも5パック、多ければ10パック程ボンドスティックの買い置きがないと不安で仕方ありません。とりあえずこの性癖にホットボンティストと名付けて見ましたが同士はどこかにおらんものか。
話がそれましたが、そうやって模様をつけた刃と柄を黒で塗装、あとはドライブラシで汚し塗装しながら適当な色に着色。
d0013065_21305649.jpg

完成したのはこんな感じ。
出来上がってから、禍々しい≠気持ち悪いという事に気づいてへっこんだのは内緒の話。

悪魔HBはこれまた安っぽく、針金ハンガーで出来てます。
確かどっかのうpロダで紹介されてた方法だったのかな。
d0013065_21371763.jpg

青線がハンガー部分、緑線が細く切ったポリエチレンボードで作った芯が入っています。
カチューシャにホットボンドでがっちり接着してあります。
作ってみて、ハンガー部分の針金の強度が柔らか過ぎず、かと言ってある程度は折り畳める程度に硬すぎず、成程これはいい素材だなあと感じました。
もともと家にあった合皮を使ったので、結局かかった費用はカチューシャ代100円のみ。うわあ100円の悪魔HBでこれまた有難味ないな。
しかし元々貧乏性で、例え荒地の魔女に安っぽい武器、安っぽい装備、安っぽい人間、と三輪さんの声で罵られても、その通りですハイとしか答えようがない人間ですので、まあいいや、それで。

今回、もうバフォ鎌を作りたくて作りたくて仕方ない!という状態だったので、作れて非常に嬉しかったです。
服やら鎧やら作る時は、最初にどんな雰囲気になるかイメージを作ります。特にROというジャンルの場合、予めキャラクターに性格付けがされておらず、プレイヤー次第なので、出来るだけ細かく自分脳内キャラ設定をします。まあ平たく言うと単に設定妄想ハァハァなんですが。
自分のプレイした事のない職業だと、ステ・スキルなども怪しいので色々情報サイト回って調べます。例えばハンターを作るんだったら、二極→鷹に頼らず自分の腕のみで戦う→他者に頼らない孤高なイメージに。鷹匠→高LUKで運が良くて自然好き→健康的なイメージ(あくまで私の想像ですし個人によって勿論違いはあると思うのであまり参考になりませんが)ができます。
そんで、パラ作る時も、どんなんにするかなーと色々見てたわけですよ。そしてそこで見つけたクルセのステに、バフォ鎌を使用することを前提としたものがあって、もう一気にヽ(゚∀゚ )ノ カコイイィィィィィィィ!!!となりまして。
あと、ROプレイしてる時に実際にバフォ鎌で狩りしてるパラディンの人がいて、これまたヽ(゚∀゚ )ノ カコイイィィィィィィィィィッィィィィィ!!!!と刺激され、もうバフォ鎌作らずに何作る状態に。
神に仕える戦士が、本来なら魔族の持っている武器を使うのってどうなんだろう?と考えた結果、ああ、なんか一応パラディンなんだけど本当は血とか見るのが好きなアレな性格って事にすればいいんだーと中身の詰まってない頭で思いつきましたので、悪魔HBもつけてできるだけ性格悪そうな感じに。(バフォ鎌使って悪魔HB装備してるパラの方の性格が悪いという事では決してありませんのでごめんなさい)
そんなこんなで出来上がったバフォ鎌ですが、いっその事鎌に血糊つけてみようかとも思いましたが、今考えると思いとどまって良かったです。
そして今、一仕事終えた安堵感というか、祭りの後の虚脱感でなんか脱力状態です。
でも今にあれこれ作りたい!って思い始めるんだろうなあ。
そんでのめり込んだ挙句またもや乙女の幸せが逃げていくんだろうなあ。

あー・・・・・・




まあ、いっか。
by unai-fsp | 2005-11-24 22:54 | 製作:頭装備・武器

無駄に。

まあとりあえずこれを見てくれ。

d0013065_2351634.jpg


すごいね、扇風機四つも置いてあるよ、この季節に。
意味わかんないね、なにをそこまで吹き飛ばそうとしてるんだろうね。

とまあボケは置いておいて。

バフォ鎌完成したですよー悪魔HBもできたですよー
無駄にでかいですよー鎌1.9メートルありますよー
東京までちゃんと持っていけるのかわからんですよー


最近、やっぱり自分はとてもバカなんだろうなあ、とよく思います。
by unai-fsp | 2005-11-22 23:09 | 製作:頭装備・武器
今日の日記はタイトルそのまんまです。
正確には、「妖精耳をリアルで出来るだけ金かけずに且つ不器用星から来た不器用星人がなんとか形にできるように作った日記」です。

いや、作ってどうすんの?って思われる方もいるかもしれませんが、世の中には色々な趣味の人間がいるものだとご了承下さい。
世の中は広いです。恐ろしく広いです。ほら、窓を開けて空を眺めてみましょう。星や月、太陽が見えますか?近くにあるように見えても、月までは38万km、太陽は一億5000km、星に至っては、例えば北極星では400光年という距離があります。えらいことです。もし空中を歩けたとしても、ちょっと月まで行こうかなどと思ったら、フルマラソン9047回こなす覚悟が必要なのです。太陽では3571428回です。もう小学校時代の冬のマラソン大会の苦しさの比じゃございません。お腹イターイなんて言ってる余裕すらありません。涙目です。北極星なんて400光年です。光が頑張っても400年かかってしまうのです。北極星から光でネット回線つないでも、Webページ見るのに400年。もうエロいHP見るぜヒャッホーなんて言っても、画像が表示されるまで400年待ち続けなければいけないのです。もし「ドキドキ☆巨乳人妻画像」をクリックしたと思ったのに、間違って「熱い!兄貴達の宴画像」なんてのを押しちゃってて間違いに気付いて('A`)ヴァーってなっても、再度押し直して巨乳人妻画像を見られるのはまた400年後なのです。

ほら、どんなに世界が広いかお分かりいただけましたね?細かい事は気にするだけ無駄なのです。そういや光回線=光速って事なのかよくわかりませんがやっぱり細かい事なので気にしないで下さい。すごく頭の悪い事を書いた気もしますが、私も気にしません。

で、本題に戻って耳作るときに用意したのはこちら。

・軽量紙粘土
・耳掛け式ヘッドフォン
・紙やすり
・肌色の着色スプレー

上記4点、全て100円均一ショップで揃える事が出来ました。
偉大です100均。ロードナイト作ったときも、ベルト部分に使う犬用の首輪を十数点ここで買いました。会社帰りの制服でかご一杯に首輪を入れた女を見て、レジのおばちゃんは何と思ったのでしょう。しかし、おばちゃん笑顔で対応してくれました。そういう意味でも偉大です100均。
ヘッドフォンは、それぞれ片耳に引っ掛けるタイプで、片方ずつしか売ってなかったので2点購入。
粘土は、もっと目の細かい樹脂粘土を使った方が綺麗に仕上がると思いますが、耳作ったこの時は「とにかく安く!安く!」という決意を目の奥に燃やしつつ生きていた時期なので、この選択となりました。

まず耳部分の成形です。
最初に、紙で型紙を作りました。耳に当ててはみ出さないように、好みの形にジョキジョキ。
次に紙粘土を、クッキーを作るときのように伸ばして、さっきの型紙をのせ、カッターで切り抜き。
型紙は一旦剥がして裏表逆にして、もう片方の耳も切り抜き。後は耳らしく見えるようにカッターや手で凹凸をつけていきました。
d0013065_21374891.jpg

耳たぶ部分に穴が空いているのは、後からピアスをつけれるようにしたため。

上記の、型紙であらかじめ形を整えてから成形するやり方は、いきなり成形よりもかなりやりやすいです。耳だけでなく、ちょっとした小道具を作るときにも活用しています。

水をつけた指で出来るだけ表面を滑らかにして、乾燥。3日くらいで完全に乾いたので、紙やすりで再び表面を滑らかに。
十分凹凸がなくなったら、スプレーで着色。乾かしたら、耳本体は完成です。

んで、耳を頭に装着するのに使ったのが、ヘッドフォンの耳掛け部分です。耳穴に当たる機械部分は要らないので、取り外してしまいました。
ハサミか何かで少し力を入れたら、簡単にパキっと分解。フック部分だけを取り外しました。よくよく考えたら、十分針金で代用できそうな気がしましたが、やはり細かい事は気にするだけ無駄なので考えない事にしました。

後は、実際に妖精耳を耳に当てて、よさげな位置にかかるように調整してテープで固定。
これで完成です。
d0013065_21593047.jpg

左が固定前、右が分解して固定したもの。金色のワッカはピアスです。

あとはもう、実際に付けてウヒヒしてみるなりニヤリとしてみるなりなんなりと。
片耳ずつ装着できるので、音が聞こえ辛い時に片方だけ外すという事もできて意外と便利でした。

気になったのは、普通のスプレーを使ったので、テカリが目立ちます。肌の質感に近づけたかったら、つや消しスプレーや、はじめから艶の出ない着色料を使った方が良いと思います。

以上、素人が無い頭使って作ったものですので、あまり役には立ちそうにない製作日記でした。
しかし、少しでも参考にして頂けたら、おばちゃんもう幸せですヽ(´ー`)ノ
by unai-fsp | 2005-05-18 22:11 | 製作:頭装備・武器